柑橘類は肌荒れの原因になる?ならない?

果物はお肌にいい。
そんなイメージ、ありませんか?
果物と聞くだけで、ビタミンが豊富でお肌にはとってもいい食べ物だと思い込んでいる人が多いと思います。
だけど果物の種類によっては、お肌に悪影響を及ぼすことも・・・。

いろんな果物

お肌の美白を目指す人にとって、シミはないに越したことはないですよね。
実は柑橘類の果物には、ソラレンという成分が多く含まれています。
このソラレンという成分は、光があたるとシミが出来やすくなると言われているんです。
オレンジやレモン、グレープフルーツなどは体にはビタミンも豊富なので体にはいいかもしれませんが美白を目指す人にとってはあまりオススメできる果物とは言えません。
柑橘類を摂取することによって、いつもよりも紫外線ダメージが増えてしまうのです。

特にレモンはビタミンCを多く含んでいるので、美白効果があると有名です。
レモンの場合、摂取する時間によって敵にも味方にもなります。
朝摂取すれば、お昼間の紫外線に強く反応し敵になります。
夜に家に帰ってから摂取すれば、紫外線もないのでお肌への悪影響もなくビタミンCを取ることができます。
柑橘類をお肌のために摂取したいのなら時間を考えて、味方になるような摂取をするようにしましょう。