秋冬にも必要?日焼け止め

日焼け止めを持つ女性の手
暑かった夏も終わり、紫外線が心配な季節も終わり!なんて思っていませんか?
確かに夏は、1年の中で一番紫外線が強い季節です。
なので女性のみなさんは一生懸命、色白の肌を保つために日焼け止めを一生懸命塗っていたと思います。
でも夏が終わった途端、日焼け止めは必要なくなるのでしょうか?
実は日差しが強くなくなった秋や冬でも、紫外線は存在するし、お肌にとっては日々の積み重ねが大切なんです。

真夏には汗や水で落ちないように、強力な日焼け止めを使っていた人も少なくないかと思いますが秋冬はさすがにそこまで強い日焼け止めを使わなくても大丈夫です。
なぜなら必要以上にSPFが高い日焼け止めをお肌につけていると、お肌に負担がかかってしまう可能性があるんです。
秋冬に普段使う日焼け止めなら、SPFは10~20くらいのもので十分です。
このくらいの数値なら、ファンデーションにも含まれていることが多いSPFの数値です。

しかし、秋冬の紫外線対策として一番重要なのは実はSPFではなく保湿なんです。
夏に強い紫外線などによって、お肌は大きなダメージを受けています。
そのダメージからお肌を休息させるように、お肌の新陳代謝を活発にするためにも、お肌の潤い、保湿が大切です。

効果的なのは、朝に洗顔した際にいつも通りに化粧水などでお肌をケアしたあとにたっぷりクリームなどで保湿を行った後に日焼け止めを塗ることです。
日焼け止めを先に塗ってしまうと、保湿成分などが日焼け止めによってブロックされてしまう可能性があるので気をつけて下さい。

これからもっと涼しくなって、紫外線もお休みしてくれると思いがちですがお肌の為には紫外線には一年中注意しなければいけません。
日々のちょっとしたケアでもお肌を守ることができるので、美白のために忘れないようにしましょう!